施工前 before

いつもお手入れされているようで、まだまだきれいな床でしたが、
年月と共に、だわつき、及び、表面の剥がれが見えるようになっていました。

根太はしっかりしているようなので、既設の床を剥がずに
新しい床を重ね張りすることになりました。

施工後 after

施工中の様子を一部。色の明るい(薄い)方が、新しい床材です。
元の床をはぐらずに重ね張りしています。
元の床が、捨て貼り(下地材)として機能します。(2重張り)

床材は「ダイケンWPCえんこう久松」厚さは12ミリです。

踏み台は既設のままです。
上がり框は「ダイケンリフォーム框」L字に組んである板材です。
既設の框を撤去せずにカバーする(かぶせる)ような工法です。

  

階段のあたりは大工さん苦労してました。